1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都dddギャラリー
  5. 第204回企画展「20世紀琳派 田中一光」

第204回企画展「20世紀琳派 田中一光」

2015/08/18 ~ 2015/10/29


【京都dddギャラリー】

京都dddギャラリー

Design: Kenjiro Sano, MR_DESIGN INC.
「17世紀の宗達、18世紀の光琳、19世紀の抱一。そして20世紀の田中一光。田中が琳派的なのではなく、彼こそが琳派を体現する人物なのだ」
美術史家の山下裕二氏は、田中一光をこのように評しました。

田中一光は、奈良に生まれ、多感な青春時代の4年間を京都(京都市立美術専門学校 / 現・京都市立芸術大学)で過ごし、日本の伝統美、とりわけ生活の中の美を追い続けてきた琳派の世界に大いに触発されました。
芸術的な美しさの中に優れたデザイン要素を感じとった田中は、そのエッセンスを継承、自分自身の一部として“血肉化”し、デビュー早々より、類まれなる才能を発揮しました。

今回の展覧会は、「琳派400年」(1615年、本阿弥光悦が、京都の洛北鷹ヶ峰に光悦村を創設してから400年)を記念し、DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵の田中一光作品を、琳派に見られる主題、技法、色面構成、さらには創作に対する姿勢といった観点から約120点を厳選して展示。“20世紀琳派”田中一光誕生の軌跡を辿ります。

あわせて、田中一光ポスター約1600点強を解析した、ライゾマティクスによるモーショングラフィックスも披露します。

この機会にぜひご注目ください。
 

【特別参加】ライゾマティクス

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第346回企画展「ライゾマティクス グラフィックデザインの死角」で発表した、DNP文化振興財団が所蔵する膨大な田中一光のアーカイブと、モリサワから提供された約1,600枚強の作品データから導き出した田中一光作品の解析結果を、「配色」「構成」「感性」3つを再構成して紹介します。
 

田中一光

奈良市生まれ。1950年、京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)卒業。鐘淵紡績、産経新聞を経て、57年に上京し、ライトパブリシティに入社。60年、日本デザインセンター創立に参加。63年、田中一光デザイン室を主宰。2002年に急逝するまで日本のグラフィックデザイン界の中核を担う。


CHECK POINT

【関連イベント】オープニングパーティー

日時:2015年8月18日(火)17:30~19:00
会場:京都dddギャラリー

【関連イベント】講演会

【1】2015年8月18日(火)14:00~16:00
   出演:永井一正、木田安彦、山下裕二、佐野研二郎
   ※予約受付:7月13日(月)11:00~

【2】2015年9月19日(土)17:30~19:00
   出演:山下裕二
   ※予約受付:8月18日(火)11:00~

会場:京都国立近代美術館 1F ホワイエ
※ 展覧会とは会場が異なりますのでご注意ください。

料金:無料
定員:150名(要予約)
※参加ご希望の方は、dddギャラリーのホームページよりお申込ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗