1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  5. 2014年新春特別展 新島八重 再び「続・会津の武士道」 

2014年新春特別展 新島八重 再び「続・会津の武士道」 

2014/01/04 ~ 2014/03/23


【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

【作品画像】
(1)小笠原長行 肖像画(2)御国分武鑑(3)龍雲寺 伏見親兵隊墓地図
※全て初公開・霊山歴史館所蔵


NHK大河ドラマ「八重の桜」にちなみ、平成25年度の通年企画として1年間に渡って開催された「会津の武士道」展。
霊山歴史館の2014年新春展では、その総集編として「続・会津の武士道」展を開催します。

大河ドラマは、幕末から明治維新にかけて波乱万丈の人生をおくった会津女性・山本(新島)八重の力強い生き様を通し、幕末の政争に巻き込まれ「敗者」とされた人々から見た歴史を認識させるものでした。

霊山歴史館の展示では、ドラマの主人公である八重の生きた時代や、その精神的な支柱となった幕末の会津藩などをテーマに、数々の資料をご紹介しました。今回は、昨年の展示品の中から、特に重要なものを取り上げます。
会津戦争の際に八重が使用したものと同型のスペンサー銃、会津藩主・松平容保の和歌、孝明天皇の御宸筆「忠誠」、新島襄・八重夫妻の資料などが再び登場します。

これに加え、戊辰戦争で幕府の忠臣として最後まで戦った唐津藩主・小笠原長行(ながみち)の肖像画や、戊辰戦争で命を落とした新政府軍兵士たちの墓を記した「龍雲寺 伏見親兵隊墓地図」など、初公開の新資料も多数展示します。

昨年見逃した方や、改めて全体像をつかみたい方にうってつけの展覧会です。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗