1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 杉本家住宅
  5. 杉本家住宅 秋の特別一般公開「古文書からわかる杉本家の歴史」

杉本家住宅 秋の特別一般公開「古文書からわかる杉本家の歴史」

2013/11/05 ~ 2013/11/10


【杉本家住宅】

杉本家住宅

2013年秋の杉本家の一般公開。今回は元京呉服商ならや杉本家の270年あまりの歴史を、残された古文書などをもとに、様々な角度からひも解きます。

杉本家は伊勢の粥見村から京都へ奉公にあがった初代に始まり、その後寛保3年(1743)に「奈良屋」の屋号をもって烏丸四条下るの地に呉服商を創業、明和元年(1763)に現在地へ移りました。そして京都で京呉服を仕入れ関東地方で販売する「他国店持京商人」として千葉県に出店を持ち、大いに繁栄。明治時代には杉本家は多額納税者番付にも名を連ねました。また、江戸から明治の時代にかけてはさまざまな地域貢献も果たしてきました。
現在では住宅は国の重要文化財に、庭園は京町家の庭として始めて国の名勝指定を受け、保存を図る対象となっています。

そんな杉本家270年間のあゆみを、展示を通してたどります。
秋野事を感じながら、ぜひこの機会に杉本家の魅力をご堪能ください。
ぜひこの機会にご参加ください。

公開中にはこれまでの調査結果をまとめた書籍『京呉服商 奈良屋杉本家270年のあゆみ』の販売も行われます。
また、最終日には出版記念シンポジウムも開催されます(事前申込制)。
※期間中は予約無しで入館可能です。


CHECK POINT

【関連企画】財団設立20周年記念『京呉服商 奈良屋杉本家270年のあゆみ』出版記念シンポジウム

これまでの杉本家に関する調査結果をまとめた書籍『京呉服商 奈良屋杉本家270年のあゆみ』の出版を記念し、
書籍に携わった調査員によるシンポジウムを行います。
経済や歴史面のほか、杉本家における奉公人たち、婚礼などの文化、杉本家が京都へ与えた影響など、
様々な側面の研究成果を各調査員がお話します。
質疑応答のお時間もございます。ぜひこの機会にご参加ください。

なお、参加者の皆様には、
杉本家に代々伝わる木型を使用した干菓子と、
杉本家に関わりの深い茶園で製造したお茶を提供いたします。

日時:2013年11月10日(日)10:00~12:00(12:30閉館)
参加費:お一人様1,500円(お茶・菓子付)
定員:30名(先着受付)※要予約

■ パネリスト:古文書調査員(敬称略)
鈴木栄樹(主任・京都薬科大学薬学部教授)
宇佐美尚穂、牧知弘、鈴木敦子、寺島一根、佐竹朋子、上野大輔

■申込方法
お電話またはFAX、メールにて、杉本家住宅までご連絡ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗