1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 2012年度夏季企画展 神田コレクション「日本古代の金石文」

2012年度夏季企画展 神田コレクション「日本古代の金石文」

2012/06/05 ~ 2012/08/06


大谷大学博物館では、例年、夏季企画展で館蔵品の名品を順次公開しています。
今年2012年は、元大谷大学教授で、のちに京都国立博物館長を務めた神田喜一郎(かんだ・きいちろう)氏寄贈の拓本コレクションを中心に展示いたします。
※拓本:石碑など凸凹したものに薄い紙を当て、墨で写し取ったもの



このコレクションは、喜一郎氏の祖父・神田香巌(かんだ・こうがん)氏自らが、採訪蒐集した古鈔本(こしょうほん)*1・古槧本(こさんほん)*2・書画などのコレクションの一部で、後に喜一郎氏が採訪蒐集した拓本も
加えられました。そこには日本古代の石碑・墓誌などから近世の石碑・鐘銘に至るまで、全国の様々な種類の金石文(きんせきぶん)の拓本が収録されています。
※金石文:金属や石に刻まれた文字や文章のこと




今回は、上野三碑(こうずけさんぴ)などの日本古代の石碑・墓誌の拓本を中心に紹介します。とくに、慶長十八年(1613)に発見された国宝「金銅小野朝臣毛人墓誌(こんどうおののあそんえみしぼし)」については、実物を展示するとともに、江戸時代の金石文研究資料を通じて、人々の金石文への関心の高まりを紹介いたします。

*1 古鈔本:過去の書籍を書き写した古写本のこと。
*2 古槧本:古い版本(版木を使って印刷した本)のこと。

※大谷大学博物館は京都市の「クールスポット」事業に協賛しています。この企画展につきましては、入館無料となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗