1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. 作家ドラフト2012 Artist Draft 2012 潘逸舟《海の形》展 / 小沢裕子《ある小話》展

作家ドラフト2012 Artist Draft 2012 潘逸舟《海の形》展 / 小沢裕子《ある小話》展

2012/02/04 ~ 2012/02/26


【京都芸術センター】

京都芸術センター

「作家ドラフト」は若い才能の発掘・支援を目的に行う京都芸術センターの公募プログラムです。
審査員に様々な分野の専門家を迎えることで、その独自の視点から、斬新な表現を試みる若手作家の作品を積極的に募集することを特徴としています。
今年の審査員は劇団チェルフィッチュを主宰する岡田利規。劇作家としてはもとより、近年では小説の分野でも高い評価を得ています。

今回は昨年2011年の展示プラン募集で集まった115件の応募の中から選ばれた、潘逸舟・小沢裕子の二人の作家による個展を開催します。



潘逸舟はこれまで、自身の出生や生い立ちを背景に、映像やインスタレーションを用いて、「個
人」という存在への疑問を起点とした創作活動を手掛けてきました。
今回の展覧会では、海という場所と「故郷」という言葉の持つ感覚の関連を探る作品や、新作インスタレーションを展示します。



一方の小沢裕子は、ウェブから入手した映像に自身で創作したテキストを付け、自分と他者や、「見る/見られる」の関係をテーマにした作品を主に制作しています。
映像の中で鑑賞者と登場人物の意識が混ざり、「見る/見られる」の関係をあいまいにします。やがて字幕までが作品から自立し、鑑賞者に語りかけます。そうした中で作品と退治する鑑賞者の意識が改めて浮き彫りになります。

二人は出発点こそ違うものの、ともに「自己を問う」作家であり、それぞれの作品の中で「個人という形」を再発見することを試みています。

審査を担当した岡田利規は以前、「わたしは自分の作品が主観的なものを起点としたものだと思う」と語っています。
作家二人の展示プランは、ともに「自己」を出発点とすることで、岡田氏の作品に対する意識と確か
に交差しています。

「それぞれの「主観」をもとにした作品から何が生まれるのか。ご期待下さい。

かたやコンセプトが明快で、説得力も申し分ないもの。
かたや、それがユーモアかどうかさえ果てしなく微妙な、そのぶん魅了されずにいられないセンス。
二つを並べ置いたとき見たときに何が起こるか、計算もできません。
ただ、「何か」は起こるでしょう。それを期待しています。

2012年度審査員:岡田利規(劇作家・小説家/劇団チェルフィッチュ主宰)



CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

展覧会初日には、出品作家の潘逸舟・小沢裕子と、2012年度作家ドラフト審査員の岡田利規によるトークイベントを開催します。

日時:2012年2月4日(土)16:00~18:00
会場:京都芸術センター 南館 ミーティングルーム2
※参加無料・事前申し込み不要

出展作家プロフィール

潘逸舟


はん・いしゅう。1987年 中国・上海市生まれ。
1997年より青森県に住み、現在は東京在住。
東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻在学中。

【主な個展】
2004 年 「HUMANITY」空間実験室スぺース B/青森
2005 年 「INTERVAL」空間実験室スぺース A/青森
      「1300000000 の星」弘前市野外・青森
      「Lonely Island」弘前市立百石町展示館/青森
2009 年 「たとえば、兎とシャンプー」nagune/東京
2011 年 「Alien」 under35 新・港村/神奈川

【グループ展】
2006 年 「thinking about dog’s death #5」art & river bank/東京
2007 年 「美の環 日中韓交流展」東京芸術大学/東京
2008 年 「北東北アートネットワーク」KANDADA/東京
2009 年 「No man′s Land」旧在日フランス大使館/東京
      「Prize 2009」東京芸術大学上野校/東京 (平山郁夫奨学金賞)
      「さくらびアートプロジェクト」長野市立桜ヶ岡中学校/長野
2010 年 「YAKINIKU アーティスト・アクションin 枝川」東京朝鮮第二初級学校/東京
      「Local to Local」釜山/韓国
      「ビデオアートミーティングin 金沢」まちやゲストハウス/石川
      「東京藝術大学先端芸術表現科卒業 | 修了制作2010」BankARTStudio /神奈川

2010-11年には、「ショーネット・ヒューズ青森プロジェクト」にダンサーとして参加した。

小沢裕子


おざわ・ゆうこ。1984年 千葉県生まれ。現在東京在住。
2009年 武蔵野美術大学造形研究科美術専攻油絵コース卒。

【個展】
2010 年 「スピーチ」現代HEIGHTS Gallery /東京
2011 年 「とってつけたようだ」現代HEIGHTS Gallery /東京

【グループ展】
2006 年 「ForRent!ForTalent!2」三菱地所アルティアム/福岡(入選)
2007 年 「武蔵野美術大学造形学部卒業制作優秀作品展」武蔵野美術大学/東京(優秀賞)
2008 年 「群馬青年ビエンナーレ2008」群馬県立近代美術館/群馬(入選)
2010 年 「群馬青年ビエンナーレ2010」群馬県立近代美術館/群馬(入選)
      「OngoingFES2010」Art Center Ongoing /東京
2011 年 「富士山と富士山」Art Center Ongoing /東京
      「虎の間vol.2~映像祭の巻~」galleryAMP /高円寺
      「OngoingFES2011」Art Center Ongoing /東京
      「TERATOTERA 祭り」バウスシアター/東京

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗