1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 野村美術館
  5. 平成22年秋季特別展 「一楽 二萩 三唐津」

平成22年秋季特別展 「一楽 二萩 三唐津」

2010/09/04 ~ 2010/12/05


【野村美術館】

野村美術館





ノンコウ(樂家三代)作 赤茶碗 銘「若山」 江戸時代(前期展示)



瀬戸唐津茶碗 銘「冬の月」 江戸時代(前期展示)




萩太鼓胴水指 江戸時代(前期展示)


茶の湯では「一楽二萩三唐津」という言葉をよく耳にします。

これらは抹茶をたてる茶碗としてふさわしい、茶人好みのやきものを列挙したものです。
楽は、16世紀に利休の指導によって樂家の初代長次郎が始めたとされる楽焼(京都)、萩と唐津はともに朝鮮系の技術により16世紀末から17世紀初めに開窯されたと考えられている萩焼(山口)と唐津焼(佐賀・長崎)をいいます。

この展覧会では、楽焼・萩焼・唐津焼の茶陶(主に茶碗)を、前期・後期併せて約80点展示します。

手づくねで、赤茶碗と黒茶碗が多く、侘びた趣きの楽焼。割高台や三島・粉引など朝鮮風の作品が多い萩焼。
朝鮮の会寧窯や中国の影響も指摘されており、瀬戸唐津や皮鯨など種類が多い唐津焼。
楽焼・萩焼・唐津焼はその特徴や技術が異なるにもかかわらず、いずれも茶の湯の碗として茶人に愛されてきました。

三者三様、それぞれのやきものが持つ魅力をお楽しみください。

※前期(9/4~10/17)・後期(10/19~12/5)で全面的な展示替えがございます。

(下の写真は 長次郎 赤茶碗 銘「獅子」)





【地下展示室で併設展も開催!】

■ 館蔵品展「漆の茶道具」9/4(土)~10/11(月) ※10/11は16:00で終了
原羊遊斎作 きりぎりす香合」など

■ 館蔵品展「水墨画名品展」11/16(火)~12/5(日)
重要文化財 雪村筆「風濤図」(11/23~11/28限定)など

※ 9/10(金)・10/8(金)・11/26(金)は、都合により地下展示室は閉鎖となります。

CHECK POINT

主な展示作品

■ ノンコウ(樂家三代)作 赤茶碗 銘「若山」 江戸時代 [前期展示]
千家十職・樂家の3代目「ノンコウ」こと道入の赤楽茶碗。
ノンコウは樂家歴代中の名工として知られていますが、中でも特に優れた名碗・七種を「ノンコウ七種」と呼び、この赤茶碗 銘「若山」はそのひとつです。
この作品には、やや小さめの高台の内部に道入の樂印が捺されています。

■ 瀬戸唐津茶碗 銘「冬の月」 江戸時代 [前期展示]
唐津焼の茶碗で、瀬戸風の長石釉がかかるものを「瀬戸唐津」、深く椀形となるものを「本手」、、浅くて口縁に鉄さびのかかるものを「皮鯨手」といいます。唐津焼は朝鮮半島からもたらされた高麗茶碗を思わせる雰囲気があるといわれますが、この名称のおこりはそれほど古くなく、近代に入ってからであると考えられています。
この作品には、縞柿の蓋裏に出雲藩主で茶人の松平不昧公が「あらし吹く清見関の」の歌を金文字で書いています。

■ 長次郎作 赤茶碗 銘「獅子」 桃山時代 [前期・後期とも展示]
表千家の六代・覚々斎が「長二良赤茶碗 銘獅子」と箱書し、松平不昧公が包み裂と外箱表に書き付けをしています。いわゆる「宗易形」といわれる茶碗で、首部にややくびれが見られるのが特徴。釉薬はかせて枯淡の趣をかもしだしています。釉薬が流れて、場所によっては細い線のように見えるところがあり、これを獅子の毛の斑に見立てて名づけられたと考えられます。

その他、
萩割高台茶碗 銘「五月雨」 江戸時代 [後期展示]
萩太鼓胴水指 江戸時代 [前期展示]
朝鮮唐津耳付花入 江戸時代 [後期・茶室飾り展示]
などがあります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗