内藤廣:18800 pieces 2012.6.13

2012/10/02 ~ 2013/01/14


【京都造形芸術大学 エントランスラウンジ】

京都造形芸術大学 エントランスラウンジ


京都造形芸術大学1階のエントランスラウンジでは、2012年10月2日より企画展「内藤廣:18800 pieces
2012.6.13」を開催します。
この展覧会は、大学のエントランス・スペースを学生の発想力を高め、「知」を得るスペースとしてクオリティの高い環境
にするため企画されたもので、「伊東豊雄:Cave of Books(本の洞窟)」展に続く第2弾の展覧会となります。


東日本大震災以降、私たちは次世代に渡すことのできるより良い社会について考えることが必要となっています。そのひとつの表明として展示会場には建築家・内藤廣氏による「祈りの場」が作られます。
5.4×5.4
メートルの床面に18,800のガラスピースが敷き詰められ、窓から降り注ぐ光によって生まれるガラスのきらめきが、人間と自然の共存という象徴的な美を
想起させる場になることでしょう。
そして、この企画展によって創出される場が、これからの芸術の役割を思考するためのものとなることを意図しています。
イベントFacebookページはこちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗