1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高台寺掌美術館
  5. 高台寺掌美術館15周年記念「戦乱を生きた秀吉」

高台寺掌美術館15周年記念「戦乱を生きた秀吉」

2013/09/07 ~ 2013/12/15


【高台寺掌美術館】

高台寺掌美術館

16世紀後半から17世紀初頭にかけてのおよそ半世紀は、日本の中世から近世へと移り変わった時代でした。

この時代、西洋の大航海時代の影響を受け、政治・経済・社会・文化の各面において、東アジアでは大きな変化が重なりました。特に日本では「下克上」の時代といわれました。例え身分が低いものであっても、実力次第で誰もが政治や経済の実権を握ることが可能な時代であり、それゆえ戦乱が絶えず繰り返されたのです。

この激動の時代を生きた代表的な人物が、一代で天下を取った豊臣秀吉です。
秀吉の家族や家臣たちもまた、それぞれの思いを持ちつつ、時代の荒波の中で精一杯に生きました。

高台寺は、豊臣秀吉夫人の北政所(出家して高台院)が建立した寺院であり、秀吉とその周囲に生きた人々に関連する品々が伝わりました。それらは、当時の人々が急激な変革と戦乱の時代に生きたからこそ、時には精神を高揚させ、時には精神を鎮めることを必要としていた様子を伝えています。

※高台寺では秋の特別展が10月25日(金)~12月10日(火)まで開催されます(期間中は夜間拝観実施)

豊臣秀吉が政権を握った時代は後に桃山時代と呼ばれ、政治や経済のみならず生活文化も革新された時代でした。
この展覧会では、高台寺に伝わる豊臣秀吉の肖像画や念持仏の大随求菩薩、秀吉がその身辺に置いた馬印などの桃山時代の貴重な文化遺産を公開するとともに、当時の人々の生活や美意識を紹介します。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗