1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市学校歴史博物館
  5. 開校140周年記念特別企画 京都府画学校への道

開校140周年記念特別企画 京都府画学校への道

2020/02/01 ~ 2020/04/07


【京都市学校歴史博物館】

京都市学校歴史博物館

明治13(1880)年、日本発の公立美術学校となる京都府画学校が開校しました。現在の京都市立芸術大学や京都市立銅駝美術工芸高等学校のルーツにあたり、令和2(2020)年は開校から140周年の節目に当たります。
これを記念して開催する今回の展覧会では、京都府画学校とその開校の背景となった明治前期の京都画壇の様相を振り返ります。

明治の初め、京都の画家たちにとって最も切実な課題は、京都美術界の復興でした。
幕末からの戦災や東京遷都により、京都画壇は疲弊し衰退の一途をたどっていました。そうした状況に対し、当時若手の新鋭画家であった幸野楳嶺(こうの・ばいれい)や久保田米僊(くぼた・べいせん)らは、絵画制作の体制を近代化し新機軸の表現を生み出すことを画策し、復興への道を模索します。
その成果の一つが、日本初の試みとなった京都府画学校の設立です。それは、新時代の文明開化の風潮の中、京都に置いて日本画と近代教育が初めて出会った出来事でした。この明治の画家たちの挑戦は、現在まで続く京都の美術界の発展の礎となりました。

この展覧会では、明治期京都画壇の画家たちが、絵画制作の近代化への模索から、教育に希望を見出し、画学校という近代組織を画策するに至る道のりを振り返ります。京都府画学校開校に関する資料や、教材となった手本類、画家たちの絵画作品などを展示し、京都府画学校の意義を再確認します。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

会場:京都市学校歴史博物館
定員:60名(要申込・先着順受付)

《申込方法》
参加希望のイベント名、参加代表者氏名、代表者の電話番号、参加人数を明記の上、お電話・FAX・メールにてお申し込みください。
※電話は9:00~17:00、開館日のみ受付/FAX、メールは24時間受付
※詳細は京都市学校歴史博物館のホームページなどをご確認ください。

①京都府画学校の歴史


日時:2020年2月16日(日)14:00~15:30
講師:松尾芳樹(京都市立芸術大学芸術資料館学芸員)

②画家たちが目指した京都府画学校


日時:2020年2月29日(土)14:00~15:30
講師:森光彦(京都市学校歴史博物館学芸員)

③画家はどのように絵を学んできたか-近世から近代へ-


日時:2020年3月22日(日)14:00~15:30
講師:田島達也(京都市立芸術大学教授)

④京都府画学校設立の立役者 幸野楳嶺


日時:2020年4月4日(土)14:00~15:30
講師:多田羅多貴子(京都造形芸術大学非常勤講師)

【関連イベント】トークイベント「現代作家と語る明治の絵画」

日時:2020年3月8日(日)14:00~16:00
講師:景徳園(京都市立芸術大学出身作家7名によるグループ)
聞き手:森光彦(京都市学校歴史博物館学芸員)
定員:50名(要申込・先着順受付)

《申込方法》
参加希望のイベント名、参加代表者氏名、代表者の電話番号、参加人数を明記の上、お電話・FAX・メールにてお申し込みください。
※電話は9:00~17:00、開館日のみ受付/FAXは24時間受付
※詳細は京都市学校歴史博物館のホームページなどをご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗