1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 日本の怪奇資料展示と怪談公演「百物語の館」

日本の怪奇資料展示と怪談公演「百物語の館」

2011/07/30 ~ 2011/08/07


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム

昼間の清々しさと空に燃える炎天は打ち消え、底知れない闇夜と蒸し暑さに襲われる丑三つ時。
そんな夏の夜の風物詩といえばやはり、通常の涼とはまた別の涼を求めて行う―百魅生ずる「百物語」ではないでしょうか。

昔から、日本では「百物語」という様々な怪談を集まった人が順に語るという怪談会のスタイルがあり、江戸時代には一種のブームとなりました。また、多くの怪談エピソードを集めたものを「百物語」と呼ぶこともあります。

この展覧会では、京都精華大学人文学部の堤・末次研究室の学生がプロデュースし、「百物語」をテーマにした装飾や空間演出、音響をデザイン。
江戸怪談だけでなくマンガ作品をもととした創作怪談、現代怪談を織り交ぜ、伝統だけではない、新しい形の百物語をご紹介します。荒れ屋敷めいた空間や台本、役者まですべて学生で作り上げ、怪談の語り公演を行います。

また、百物語関連のマンガ作品のほか、中田人形工芸製作のお化け人形、怪談の原本などの展示を行い、百物語を知らない方にも、わかりやすく楽しんでもらえる内容になっています。
夏の蒸し暑さを忘れさせる、耳で聞く恐怖をぜひご体験ください。

「百物語の館」公式ホームページ

主な展示内容

百物語入門の解説パネル
江戸怪談の原本や地獄絵
妖怪浮世絵などの絵画資料(人文学部研究室蔵)
お化け屋敷の装飾に用いられたお化け人形(中田人形工芸製作)
公演台本の原作とした資料
- パトリック・L・ハーン(小泉八雲)の『KWAIDAN』原本
- 創作百物語の原作マンガなど

怪談公演

期間中には、マンガや江戸時代の怪談をアレンジした、学生による百物語の「語り」公演が開催されます。(一回約30分)

・ 7月30日(土)、31日(日):(1)17:00~/(2)18:30~
・ 8月1日(月)~8月7日(日):(1)16:00~/(2)18:30~
※8月7日(日)のみ第一回目は15:00~

CHECK POINT

【関連イベント】昭和レトロ怪談映画の夕べ

勝新太郎、入江たか子、他出演による昭和の怪談映画「怪猫夜泣き沼」を上映。併せて、文化人類学・民俗学者で、妖怪論の研究者である小松和彦氏による講演を行います。

日時:2011年7月30日(土)14:00~
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金:無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です。
出演:【講演】小松 和彦 氏(国際日本文化研究センター教授)
    【司会】堤 邦彦 氏(京都精華大学人文学部教授)
定員:200名(先着順)  ※当日10:00より、ミュージアム館内にて整理券を配布します。

【関連イベント】お化け大学校特別講義 妖怪マンガのガラパゴス ~百鬼夜行絵巻をめぐって~

お化け大学校教授も勤める作家・京極夏彦氏による特別講義が開催!
妖怪画の定番「百鬼夜行絵巻」をテーマに、妖怪談義を繰り広げます。

日時:2011年8月7日(日) 16:00~
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金:無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です。
出演:京極 夏彦 氏(作家・お化け大学校教授)
定員:200名(先着順)  ※当日10:00より、ミュージアム館内にて整理券を配布します。

「お化け大学校」とは?


世界で唯一、人間のための”お化けの学校”です。
総長は「ゲゲゲの鬼太郎」でお馴染みの水木しげる氏。教授陣には荒俣宏氏、京極夏彦氏等々が集い、お化け・妖怪に関するイベントや講義などを全国各地で行っています。
「お化け大学校」の詳細はこちら!

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗