1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. 丸橋 光生 個展「ああ わたしは 見ているよ ベイべ」

丸橋 光生 個展「ああ わたしは 見ているよ ベイべ」

2019/10/05 ~ 2019/10/27


作家・丸橋光生の個展です。
平面・写真・立体・映像と多様なメディアを用いて展開される、人の"認識"や”視ること”への考察および制作を通し、鑑賞者をささやかな世界の裂け目へと誘います。

***

「ああ、 わたしは 見ているよ ベイべ」は、人間の視覚や認識をテーマに制作した4つのシリーズの作品から構成される展覧会です。
私たちの身体や各器官、細胞は日ごろ、息をしたり、心臓を動かし血液とともに酸素を全身に運んだり、汗をかいたり、その他様々な生命活動を意識に上らないレベルで坦々と行っています。同じように「視る」という行為や、視覚についても、多くの場合自動的にその活動が行われているように、私には感じられます。
今回の展示では「絵画の内側から私たちのいる世界ををのぞき込む視点」、「彫刻の充足感を毀損させる棒」、「モニターの向こう側から画面を洗う映像」といった美術作品でおなじみの視覚メディアをメタ的に捉え、考察して制作された作品が10~15点展示されます。これらの作品を通して、ささやかで奇妙な混乱を、私を含めた鑑賞者の視覚や認識にもたらすことができればと思っています。(丸橋)

 

丸橋光生

1982年生まれ。2008年 広島市立大学芸術学部彫刻専攻卒業。2010年 広島市立大学大学院博士前期課程彫刻専攻修了。人間の「視覚」や「認識」をテーマに作品を制作している。主な個展に「I’m seeing, baby.」(7T Gallery、大邱、2017)、「アイム・シーイング、ベイべ」(広島芸術センター、2017)。主なグループ展に「開館30周年記念特別展 美術館の七燈」(広島市現代美術館、2019)、「対馬アートファンタジア2018」(厳原町各所、対馬市、2018)、「テレポーティング・ランドスケープ」(アートギャラリー・ミヤウチ、広島、2017)、「Gorgissimo!」(Réunion、チューリッヒ、2015)、「SUNDOWNER」(CIRCUIT21、テキサス、2014)、「GAMEX」(在メキシコ日本大使館、メキシコシティ、2014)など。
 

【関連イベント】アーティスト・トーク 丸橋光生×諌山元貴

本展作家・丸橋光生に加え、同じく広島在住の作家・諌山元貴を招いてのアーティストトークを開催します。
日時:2019年10月6日(日)19:00~21:00
料金:無料

会場・アクセス

BnA Alter Museum SCG
京都市下京区天満町267-1
【阪急】「河原町」駅下車、徒歩5分
【京阪】「祇園四条」駅下車、徒歩6分
【市バス】「河原町松原」下車、徒歩2分


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗