1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. Gallery PARC
  5. make a mistake in choosing 国谷 隆志展

make a mistake in choosing 国谷 隆志展

2012/11/03 ~ 2012/11/18


【Gallery PARC】

Gallery PARC

「MARS」(Gallery PARC)2011photo : 草木貴照

先日開催された「ニュイ・ブランシュKYOTO 2012」における京都芸術センターでの展示も好評を博したアーティスト・国谷隆志(くにたに・たかし / 京都・1974~)の個展です。

京都を拠点に活動を続ける国谷隆志は、これまでおもにオブジェや彫刻を中心としたインスタレーションによる発表を続けてきました。
作品の存在する空間の性質を顕在化し、変容させるサイト・スペシフィックな作品展開は、これまでに多くの注目を集めています。

とりわけネオンを用いた一連の作品は、作品と鑑賞者を取り巻く空間に「ある環境や状態」を創出するとともに、空間に内包される鑑賞者の身体感覚により強く働きかける試みとして展開しています。
私たちが毎日のように目にするネオン(サイン)。その多くは広告物として「絵や文字」の意味を持ち、それらが「見られ・読まれる」ことでその役割を果たしているといえます。
多くの人にとってネオン(管)そのものを間近で見る事は少なく、その鮮やかで鮮烈な光の正体は不明のままに、それらは既知のものとして認識されています。

昨年Gallery PARCにて開催された個展「Mars」に続く今回は、そのタイトルを「make a mistake in choosing」(選択に失敗する)としています。モノ・空間・鑑賞者の間にある認識・理解にまつわる予定調和を撹拌し、そこに交わされるすべてを「ディスコミュニケーション」として指し示す意味がこめられています。

今回はガラス面により外の風景を取り込む会場に、一見するとおよそ抽象的な形状のネオン管を無数に配したインスタレーションを展示します。
会場に並べられたネオンは、不自然な光を放つ抽象的なオブジェクト(モノ)として鑑賞者の目の前に存在します。
認識・理解のためのプロトコル(相互の規定・手順など)不在の場にあって、鑑賞者はそれぞれの身体の位置や目線(知覚)によって、目の前の状態・自身を内包する空間への再認識を必要とします。
また、その過程でオブジェクトは、ある瞬間には曲げられたガラス管として、また、ある瞬間にはテキストという意味を取り戻しながら、鑑賞者の認識の中に変化し続けます。

会場内に展開する光のオブジェクトを前に、見ることと読むこと、知覚と認識、形状と意味などが「常にズレ続ける」感覚を体験してみてください。鑑賞時間によっても作品の印象が変化するため、見るたびに受ける印象の変化をもお楽しみいただけます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗