1. 京都で遊ぼうART
  2. 特集記事一覧
  3. 冬も京都を満喫!「第47回京の冬の旅 非公開文化財特別公開」

title_20121212.jpg 普段は見学できない庭園、建築、襖絵、仏像―。
第47回を迎える「京の冬の旅」では、大河ドラマ「八重の桜」放映記念として主人公・新島八重ゆかりの寺や、優美で高雅な文化財を秘めた門跡寺院(皇室ゆかりのお寺)や尼門跡寺院を中心に、様々なジャンルから選りすぐられた14ヶ所の文化財が期間限定で特別公開されます。

※各公開箇所ではご案内も行っています。
※拝観の折には、厚手の靴下を用意されることをおすすめします。
※団体の場合は、事前に京都市観光協会(075-752-7070)へご連絡ください。

イベント概要

■ 期間
2013年1月10日(木)~3月18日(月)
※一部公開期間が異なります。詳しくは各寺院欄をご覧ください。
※法要等、都合により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。
 最新の情報は京都市観光協会ホームページで随時更新されています。

■公開時間
10:00~16:00(受付終了)
※知恩院三門は10:00~15:40(受付終了)
※東寺五重塔は9:00~16:00(受付終了)

■ 料金
1ヶ所 600円(いずれも団体割引あり)
知恩院三門、東寺五重塔(通常公開部分含む)は800円

■ お問い合わせ
京都市観光協会
TEL. 075-752-7070
(9:00~17:00/12月29日~1月3日は休業)
http://www.kyokanko.or.jp/

主催:対象14ヶ寺・京都市・公益社団法人京都市観光協会
後援:公益財団法人京都市文化観光資源保護財団

>>スタンプ3つでちょっと一服。「京の冬の旅スタンプラリー」もチェック!

>>「非公開文化財特別公開ガイドブック(1冊200円)」も販売されます!

【洛東エリア】

<京の冬の旅11年ぶりの公開>
霊鑑寺(れいかんじ)〈旧谷の御所〉


127sample.jpg
後水尾(ごみずのお)天皇の皇女を開基として創建された尼門跡寺院。「谷の御所」と呼ばれた格式と清楚な佇まいを今に伝えています。
後西(ごさい)天皇の院御所から移築した書院は「四季花鳥図」など狩野派の作と伝えられる華麗な障壁画に彩られています。また、緑豊かな庭園の小高い部分に建つ本堂は徳川十一代将軍家斉(いえなり)が寄進したもので、如意輪観音(にょいりんかんのん)像が安置しています。
そのほかにも御所人形やカルタなど、寺院に入った姫君たち遺愛の寺宝も特別展示されます。
庭には、30種を超す名椿が植えられていることから、椿の名所としても知られています。

● みどころ
≪旧谷の御所≫ 「椿の寺」として名高い臨済宗の尼門跡寺院
書院/伝狩野派筆の華やかな障壁画「四季花鳥図」、池泉観賞式庭園、本堂 /本尊・如意輪観音像、そのほかカルタや御所人形など遺愛の寺宝特別展示

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12
交通:京都駅から地下鉄烏丸線「丸太町」下車(乗換)、市バス93・204系統で「真如堂前」下車、徒歩約5分
    京都駅から市バス5系統「真如堂前」下車、徒歩約5分、もしくは市バス100系統「宮ノ前町」下車、徒歩約5分


金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)


127sample.jpg
幕末の京都守護職を務めた会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)が本陣を構えた寺。「新選組」誕生の地でもあります。
大方丈では「虎の間」や回遊式庭園「紫雲の庭」、平成24年に作られた庭「ご縁の道」、巳年の守り本尊「普賢菩薩画像」のほか、2013年度の大河ドラマ主人公・新島八重と会津藩ゆかりの寺宝を公開します。
会津・鶴ヶ城での篭城戦に参加した八重が落城時に城壁に刻んだ和歌を写した直筆の書や、境内の会津藩墓地で撮影した写真、松平容保の遺墨、藩士の鎧兜(よろいかぶと)などゆかりの品々が展示されます。
また、御影堂では、運慶作と伝えられる文殊菩薩像や吉備観音像(重文)も拝観できます。

● みどころ
京都守護職の会津藩主・松平容保の本陣址、新選組発祥の地
大方丈/大河ドラマ主人公・新島八重直筆の軸や写真などゆかりの寺宝、松平容保の遺墨や会津藩士の鎧兜など会津藩ゆかりの寺宝特別展示、久保田金僊や今尾景祥筆の方丈襖絵、庭園「紫雲の庭」、伝運慶作の文殊菩薩像、吉備観音像(重文)

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
    ※ただし、下記の期間は拝観休止です。
    1月11日(金)午前(~12:00)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市左京区黒谷町121
交通:京都駅から地下鉄烏丸線「丸太町」下車(乗換)、市バス93・204系統で「岡崎道」下車、徒歩約10分
    JR山科駅から地下鉄東西線「蹴上」駅下車、徒歩約20分
URL:http://www.kurodani.jp/


<京の冬の旅12年ぶりの公開>
聖護院(しょうごいん)〈旧森御所〉


127sample.jpg
聖護院は、山伏で知られる本山修験宗(ほんざんしゅげんしゅう)の総本山です。通常は予約制ですが、期間中は予約なしでも拝観することができます。
代々皇室や公家の名門より門主を迎えた門跡寺院で、「森御殿」と呼ばれ、御所が火災にあった際には仮の皇居としても用いられました。
宸殿(しんでん)には上段の間があり、絢爛豪華な「花鳥図」「老松図」など百数十面に及ぶ狩野派の障壁画が残ります。御所から移築した瀟洒な書院(重文)は、釘隠しや透かし彫りなど多くのみどころがあります。
本堂には平安期の本尊・不動明王立像(重文)が安置され、今回は智証大師(ちしょうだいし)像(重文)胎内文書や山伏法具なども特別展示されます。

● みどころ
≪旧森御殿≫
本山修験宗の総本山、「聖護院旧仮皇居」(史跡)であった門跡寺院
宸殿/上段の間、狩野派筆「花鳥図」「老松図」「波濤図」ほか絢爛豪華な極彩色の障壁画、御所から移築した書院(重文)
本堂/平安期の本尊・不動明王立像(重文)、智証大師御像(重文)の胎内文書、山伏法具ほか寺宝特別展示

期間:平成25年1月16日(水)~3月18日(月)
    ※ただし、下記の期間は拝観休止です。
    1月23日(水)~26日(土)・30日(水)・31日(木)
    2月1日(金)~4日(月)・16日(土)・17日(日)
    3月3日(日)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市左京区聖護院中町15
交通:京都駅から市バス206系統で「熊野神社前」下車、徒歩約3分
URL:http://www.shogoin.or.jp/


<京の冬の旅11年ぶりの公開>
得浄明院(とくじょうみょういん)〈華頂宮御所〉


127sample.jpg
明治27年に、伏見宮家第三皇女であった誓圓尼(せいえんに)公が、兄の華頂宮の御殿を受け継いで創建した尼寺で、「行く年来る年」でもおなじみの長野・善光寺大本願の京都別院です。
本堂には、善光寺の本尊・一光三尊阿弥陀如来の分身が祀られ、その床下を闇の中で一周すると本尊と縁が結ばれて功徳を得られるという「戒壇(かいだん)めぐり」が体験できます。
今回は、伏見宮家伝来の鮮やかな「観経曼陀羅(かんぎょうまんだら)」、御所人形ほかの寺宝や、風趣ゆたかな和州遠山流(わしゅうえんざんりゅう)の盆石(ぼんせき)なども特別展示されます。

●みどころ
華頂宮御殿趾、信州・善光寺大本願の京都別院
本堂/本尊・一光三尊阿弥陀如来、床下に造られた「戒壇めぐり」 伏見宮家伝来の「観経曼陀羅」、御所人形などの寺宝特別展示

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市東山区新橋通大和大路東入3丁目林下町459
交通:JR山科駅から地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩約7分
    京都駅から市バス「知恩院前」下車、徒歩約3分


知恩院 三門(ちおんいん さんもん)


127sample.jpg
法然上人が開いた浄土宗の総本山。
徳川家康が浄土宗徒であったことから将軍家の庇護を受け、壮大な伽藍が整えられました。今回特別公開される三門(国宝)は元和7年(1621)二代将軍秀忠が建立したもので、高さ約24m、横幅約50m、屋根瓦は約7万枚に及び、木造の門では世界最大規模を誇ります。
楼上からは京都市内一望することができるほか、内部には宝冠釈迦如来像や十六羅漢像が祀られており、柱や天井に描かれた鮮やかな極彩色の天女や飛龍の姿も見ることができます。ほかにも「知恩院七不思議」の一部公開など見どころ満載です。

●みどころ
浄土宗総本山
三門(国宝)/世界最大規模の木造の門、楼上内部公開、飛龍や麒麟、天女など極彩色の壁画や天井画、宝冠釈迦如来像・十六羅漢像、知恩院七不思議の一つ・白木の棺と五味金右衛門夫婦の像、京都市内を一望する絶景

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
時間:10:00~15:40(受付終了)
料金:800円

所在地:京都市東山区林下町400
交通:JR山科駅から地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩約7分
    京都駅から市バス「知恩院前」下車、徒歩約5分
URL:http://www.chion-in.or.jp/index.php

【洛中エリア】

<京の冬の旅19年ぶりの公開>
相国寺 慈照院(しょうこくじ じしょういん)


127sample.jpg
相国寺の塔頭寺院で、室町幕府八大将軍・足利義政や桂宮家の菩提所です。
桂宮家の御学問所であった書院「棲碧軒(せいへきけん)」は、腰高障子や繊細な欄間(らんま)などが特徴で、これらは桂離宮にある「古書院」と同じ材や建築法で造られたものです。また茶室「頤神室(いしんしつ)」には、茶人・千宗旦(せんのそうたん/千利休の孫)に化けた狐の伝説を伝える「宗旦狐」の軸が掛けられ、首を千利休のものとすげ替えることのできる布袋(ほてい)像が安置されています。苔むした露地や、客殿前の「陸船松(りくせんしょう)」と石組が見事な枯山水庭園も閑雅な風情を見せています。

●みどころ
室町幕府八代将軍・足利義政と桂宮家の菩提所
桂宮の御学問所であった書院「棲碧軒」、「宗旦狐」の伝説を残す茶室「頤神室」、利休の首とすげ替えられる布袋像
客殿廊下の二重丸炉、露地庭園、客殿前の枯山水庭園

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入
交通:京都駅から地下鉄烏丸線「鞍馬口」下車、1番出口から徒歩約5分
URL:http://www.shokoku-ji.jp/


<京の冬の旅27年ぶりの公開>
大聖寺(だいしょうじ)〈旧御寺御所〉


127sample.jpg
室町幕府の「花の御所」跡に建つ格式高い尼門跡寺院で、歴代24代の内親王が住持を務めたことから「御寺(おてらの)御所」と呼ばれました。
東京の青山御所から移築された本堂は「瑞鳥瑞花」の華麗な障壁画で飾られ、かんざし灯籠を配した江戸中期の御所風の枯山水庭園が広がります。
「宮御殿」とも呼ばれる書院には、江戸後期に活躍した京都の絵師・望月玉川(もちづきぎょくせん)筆の「秋草に鹿図」「波に鶴図」などの優美な襖絵が残されています。
また、明治天皇の御椅子や珍しい洋装の御所人形も特別展示されます。

●みどころ
≪旧御寺御所≫
「花の御所」跡に建つ臨済宗の尼門跡寺院
本堂/本尊・釈迦如来像、江戸時代中期の御所風の枯山水庭園(京都市指定名勝)
書院「宮御殿」/望月玉川筆襖絵「秋草に鹿図」「波に鶴図」「竹鶏図」、皇室ゆかりの洋装の人形など寺宝特別展示

期間:平成25年3月1日(金)~3月18日(月)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市上京区烏丸今出川上ル御所八幡町109
交通:京都駅から地下鉄烏丸線「今出川」下車、2番出口からすぐ


<京の冬の旅7年ぶりの公開>
三時知恩寺(さんじちおんじ)〈旧入江御所〉


127sample.jpg
室町時代に崇光(すこう)天皇の「入江殿」を寺院に改めたのが起こりで、「入江御所」とも呼ばれた尼門跡寺院です。「蓬莱の庭」を望む書院は、桃園天皇の女御の御殿を賜ったもので、見事な北山杉の丸太が使われ、琵琶湖を描いた円山応挙筆の襖絵「?(魚辺に「入」)漁図(えりぎょず)」が残ります。
また、京狩野の作風を伝える優美な六曲一双の屏風「花鳥図屏風」は狩野永納(えいのう)の代表作です。
今回は本堂に祀られる善導大師(ぜんどうだいし)像や、歴代天皇から賜った調度品などの寺宝も特別公開されます。

●みどころ
≪旧入江御所≫
浄土宗の尼門跡寺院
本堂/本尊・阿弥陀如来像
書院/円山応挙筆の襖絵「[魚入]漁図」、狩野永納筆「花鳥図屏風」、歴代天皇より賜った調度品など寺宝特別展示
枯山水庭園「蓬莱の庭」

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市上京区新町通今出川上ル上立売町4
交通:京都駅から地下鉄烏丸線「今出川」下車、2番出口から徒歩約3分


宝鏡寺(ほうきょうじ)


gaikan_hokyoji.jpg
「百々(どどの)御所」と呼ばれた尼門跡寺院。
雛人形や御所人形など数多くの人形が収められていることから、「人形の寺」の名で親しまれています。
本堂には江戸期の絵師・狩野探幽筆と伝わる「秋草図」と日本画家・河股幸和(かわまたゆきかず)筆の襖絵があり、書院には、円山応挙の杉戸絵や円山応震(おうしん)筆の襖絵などが残ります。
また徳川14代将軍家茂(いえもち)に降嫁した皇女和宮が、幼い頃宝鏡寺に住まわれた折に遊んだという「鶴亀の庭」も見どころ。宮中から贈られた気品溢れるお雛様や御所人形など、愛らしい人形の数々も特別展示されます。
※書院は2013年4月以降は非公開となります。
※宝鏡寺の詳細はこちらで!
京都宝物館探訪記「宝鏡寺」
宝鏡寺問跡

●みどころ
≪旧百々御所≫
別名「人形の寺」で知られる臨済宗の尼門跡寺院
本堂/伝狩野探幽筆「秋草図」、日本画家・河股幸和筆「葡萄と鹿」ほか襖絵
書院/円山応震筆の襖絵「四季耕作図」、伝円山応挙筆小犬の杉戸絵、孝明天皇遺愛の御所人形「孝明さん」、雛人形ほか特別公開
皇女和宮ゆかりの「鶴亀の庭」

期間:平成25年1月10日(木)~2月28日(木)
    ※3月1日(金)~4月3日(水)は春の人形展を開催。
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(団体割引あり)

所在地:京都市上京区寺之内通堀川東入ル百々町547
交通:京都駅から市バス9系統で「堀川寺ノ内」下車、徒歩約3分
    京都駅から地下鉄烏丸線「今出川」下車、2番出口から徒歩約10分
URL:http://www.hokyoji.net/

【洛西エリア】

<京の冬の旅25年ぶりの公開>
仁和寺 金堂・五重塔(にんなじ こんどう・ごじゅうのとう)〈旧御室御所〉


127sample.jpg
真言宗御室派総本山で世界文化遺産にも指定されています。「御室(おむろ)御所」とも呼ばれた門跡寺院で、かつての御所の紫宸殿(政を行う御所の中心的な建物)を移築した金堂(国宝)は、桃山時代の宮殿建築を伝える貴重な建物です。
荘厳な浄土図を描いた堂内には、本尊・阿弥陀三尊像が祀られています。近世五重塔の代表作といわれる五重塔(重文)は、高さ約33mで、各層の屋根がほぼ同じ大きさの細身で優美な姿。胎蔵界(たいぞうかい)五仏を安置する塔内部は、柱や壁が一面極彩色の仏画で飾られ、細部の牡丹唐草や菊花文様は必見です。

●みどころ
≪旧御室御所≫ 世界文化遺産
金堂(国宝)/現存最古の紫宸殿の遺構、極彩色の壁画「浄土図」、本尊・阿弥陀三尊像と四天王像、帝釈天像
五重塔(重文)/近世五重塔の代表作、内部の心柱と四天柱、胎蔵界五仏、柱や壁面の極彩色の仏画や文様

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
    ※2月2日(土)・3日(日)・14日(木)・15日(金)、3月3日(日)・4日(月)は
     五重塔のみの特別公開(300円)となります。
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(団体割引あり)

所在地:京都市右京区御室大内33
交通:京都駅またはJR嵯峨野線円町駅から市バス26系統またはJRバスで「御室仁和寺」下車徒歩約2分
URL:http://www.ninnaji.or.jp/


<京の冬の旅 初公開>
妙心寺 大庫裏・経蔵(みょうしんじ おおぐり・きょうぞう)


127sample.jpg
妙心寺は、臨済宗妙心寺派大本山で京都最大の禅寺です。
約10万坪の境内に並ぶ「七堂伽藍」の一つ・大庫裏(重文)は、数百人分の食事を調理し配膳するための台所。巨大な木材を縦横に組んだ豪壮なつくりで、大竃(おおかまど)や三十畳敷の食堂、貯蔵庫などを備えています。
あわせて公開される経蔵(重文)には、6,500巻の経典を納めた八角形の回転式輪蔵(経巻棚)が据えられており、これを1回転させると全巻を読んだのと同じ功徳が得られるそうです(輪蔵を実際に回転させることはできません)

●みどころ
典型的な「七堂伽藍」を残す臨済宗妙心寺派大本山で京都最大の禅寺
大庫裏(重文)/数百人分の食事を調理・配膳する禅寺の台所
経蔵(重文)/六千五百巻の経典を納める八角形の巨大な回転式輪蔵(経巻棚)、八天の彫像、傅大士像

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(団体割引あり)

所在地:京都市右京区花園妙心寺町64
交通:JR嵯峨野線花園駅下車、徒歩約7分
    京都駅から市バス26系統で「妙心寺北門前」下車、徒歩約10分
URL:http://www.myoshinji.or.jp/


<京の冬の旅12年ぶりの公開>
妙心寺 東海庵(みょうしんじ とうかいあん)


127sample.jpg
妙心寺の塔頭寺院の中でも由緒ある妙心寺四派の一つ「東海派」の本庵で、趣の異なる美しい三つの庭で知られます。
書院の西側にある「東海一連(とうかいいちれん)の庭」(史跡名勝)は、不老不死の仙人が住むという三島を表した枯山水庭園。南庭は、七坪の空間に一直線に並ぶ七個の石と、波紋を描くような白砂が印象的です。また方丈南には、一木一草もない一面の白砂の「白露地(はくろじ)の庭」が広がっています。庭園好きにはたまらないお寺です。
書院には、狩野派の絵師が手がけたと伝わる障壁画が残る。

●みどころ
「妙心寺四派」の一つ・東海派本庵
一木一草もない白砂の方丈南庭「白露地の庭」、7つの石を配した枯山水の坪庭・書院南庭、三神仙島を表した書院西庭「東海一連の庭」(史跡名勝)
書院/狩野派の絵師による障壁画

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
    ※2月1日(金)~3日(日)・15日(金)・16日(土)は拝観休止
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市右京区花園妙心寺町64
交通:JR嵯峨野線花園駅下車、徒歩約7分
    京都駅から市バス26系統で「妙心寺北門前」下車、徒歩約10分
URL:http://www.myoshinji.or.jp/

【洛南エリア】

東寺 五重塔(とうじ ごじゅうのとう)


127sample.jpg
真言宗総本山であり世界遺産にも指定されている東寺。平安京造営時に国家鎮護のために創建され、のちに弘法大師空海に下賜された寺院です。
京都のシンボル的存在のひとつでもある徳川三代将軍家光が再建した五重塔(国宝)は、高さ約55メートルで国内最高の木造塔です。
特別公開の初層内部は極彩色の文様で彩られ、大日如来に見立てた心柱を囲んで金剛界四仏が安置されています。また金堂(国宝)、講堂(重文)など密教美術の宝庫といわれる貴重な文化財もあわせてご覧いただけます。

●みどころ
世界文化遺産
日本最高の木造五重塔(国宝)/初層内部公開、金剛界四仏、壁面の真言八祖像、天井や柱の極彩色の文様
金堂(国宝)/本尊・薬師三尊像(重文)、
講堂(重文)/21体の仏像で密教の世界観を表す立体曼荼羅(うち16体が国宝)

期間:平成25年1月10日(木)~3月18日(月)
時間:9:00~16:00(受付終了)
料金:800円

所在地:京都市南区九条町1番地
交通:JR京都駅から市バス208系統で「泉涌寺道」下車、徒歩約15分
    JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約20分
URL:http://www.toji.or.jp/


東寺 小子房(とうじ こしぼう)


127sample.jpg
皇室の方々や高僧を迎えての行事で使われる東寺の迎賓館。現在の建物は昭和9年に再建されたもので、すべて木曽檜を用いて作られ、六部屋を飾る障壁画は近代日本画の巨匠・堂本印象(どうもといんしょう)によって描かれました。
水墨の襖絵が彩る「鷲の間」「雛鶏の間」「瓜の間」や、金箔地に極彩色の障壁画が見事な「勅使の間」があります。
また平安神宮の庭なども手がけた名造園家・七代目小川治兵衛作の庭園「澄心苑(ちょうしんえん)」や、不動明王が現れたという伝説をもつ蓮華門(国宝)もみどころです。

●みどころ
真言宗最大の行事「後七日御修法」などで使われる東寺の迎賓館
堂本印象筆の襖絵「鷲の間」「牡丹の間」「雛鶏の間」「勅使の間」ほか
七代目小川治兵衛作の庭園、蓮華門(国宝)

期間:平成25年1月16日(水)~3月18日(月)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:600円(いずれも団体割引あり)

所在地:京都市南区九条町1番地
交通:JR京都駅から市バス208系統で「泉涌寺道」下車、徒歩約15分
    JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約20分
URL:http://www.toji.or.jp/

京の冬の旅スタンプラリー

特別公開14ヶ所の中から3ヶ所を拝観してスタンプを集めると、 指定の場所で"ちょっと一服"(お抹茶とお菓子など)の特典が受けられます。

期間


平成25年1月10日(木)~3月18日(月)

■方法
① スタンプラリー用紙を入手。
(JR京都駅ビル2階の「京都総合観光案内所〈京なび〉」または各公開箇所受付で配布)
② 拝観料をお支払いの時にスタンプをもらいます。
③ スタンプが3つそろったら、お好きな接待箇所で"ちょっと一服"の特典が受けられます。

■接待箇所
●俵屋吉富「京菓子資料館」 ●花園会館「花ごころ」 ●本家八ツ橋 八坂店
●京洋菓子司 ジュヴァンセル祇園店 ●和順会館「カフェかりん」
●洛南会館「喫茶やまぶき」 ●ホテル平安の森京都「京わらべ」
●御室会館「和食処 梵」 ●京料理 栄寿庵 ●カフェレストラン浮舟

※そのほか、JR京都駅ビル2階の京都総合観光案内所〈京なび〉」にて、
  記念品との引換えもできます。

※定期観光バス及び団体(15名以上)をのぞく個人でのご利用に限ります。
※接待箇所が満席の際、お待ちいただく場合があります。

非公開文化財特別公開ガイドブック

特別公開14ヶ所の文化財を豊富な写真でご紹介したガイドブック。

■価格:1冊200円
■販売箇所:各公開箇所受付






  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗