京焼・清水焼モザイク画

  • プロジェクトの目的
  • 京焼・清水焼の魅力
  • 講師の川尻さんのコメント
  • 府民参加現場の声
  • フッターへ<


プロジェクトの目的
京焼・清水焼の魅力
講師の川尻さんのコメント
府民参加現場の声
ページトップへ<

  • 陶板制作の模様その1
  • 陶板制作の模様その2
  • 陶板制作の模様その3

たくさんのご参加ありがとうございます

陶板タイル画像

このプロジェクトの目的

京都の焼き物といえば、今も昔も、世界へ誇る日本の美意識の結集です。
せっかくの京都にいるのならば、“府民の皆様にこそこの文化に親しんでもらいたい。そしてその思いを、身近なところから伝えていただきたい” そんな意志のもと、このプロジェクトを発足させました。
第一弾の今回は、府民の中から広く希望者を募り、1人1枚ずつ陶板に色付け、そして、それを組み合わせて大きなモザイク画を制作しました。 完成したモザイク画は、京都陶磁器会館に展示しています。創作に携わった人やその家族、その友人の方へと、広く・長く親しんでもらえる作品となることを願っています。

展示場所

陶板タイル画像下絵

京焼・清水の魅力

17世紀から途絶えることなく受け継がれてきた日本の粋の結晶、京焼・清水焼。京という特殊な土壌が産んだ誇り高き文化です。
今回のモザイク画制作で、その一端感じとって頂けたなら幸いです。

講師川尻さんのコメント

「塗り絵」のように、線で囲まれた部分を自由に彩色していただくことで、参加者の個性が生かされながら、集合した陶板がひとつの図柄に見えるような手法を工夫致しました。使用した「呉須」という顔料は濃淡をつけるのが難しいのですが、みなさん果敢に挑戦された結果、思いのほか、きれいに焼きあがったと思います。

陶板タイル画像下絵塗り作業その1

陶板タイル画像下絵塗り作業その2

陶板タイル画像下絵

みなさんの作品がひとつになりました

陶板タイル画像下絵

陶板タイル画像下絵

講師川尻さんのコメント

  • ・府民1
    素焼きの生地は吸い込みがあり、紙の上に描くより難しかったですが、子供のころの塗り絵を思い出して楽しかったです。
  • ・府民2
    私は絵が下手なので、最初不安でしたが決められた線の中を塗るということでしたので、簡単で楽しかったです。濃淡にも挑戦し、焼き上がりを見ましたら、ちゃんと濃淡が出ていて嬉しかったです。また、陶板のひとつのパートを担当していることに満足を感じました。

陶板タイル画像下絵